DESIGN
デザイン

ファサードが醸し出す、このタワーの上質感。
ここは、気持ちをオフにする迎賓空間。

エントランス完成予想CG

空へと向かう地上20階建てのタワーレジデンス。
それは、この街にひときわ輝く新しい象徴へ。

街並みに映える洗練されたデザインを。中・高層階はガラス手すりやクリーンな色調を採用し、空に溶け込む透明感を表現しました。
垂直にあしらったマリオンは、建物を分節して圧迫感を軽減するとともに、高さを際立たせて、街のランドマークとしての存在感を演出。
凹凸のあるタイルが生み出す陰影により、外観は時の経過とともに豊かな表情を描きます。

  • DESIGN CONCEPT

  • 街並みに際立つ洗練された建築デザイン。

  • 木造住宅が連なっていたこの場所のあたたかい趣を継承しながら、小田急相模原駅周辺エリアの新しいシンボルとして、印象的なファサードを目指した佇まい。基壇部は落ち着きのある色合いで温もりを演出し、中・高層階はガラスを用いて空と調和する建築美を描いています。

  • ENTRANCE MATERIALS

  • エントランスには迎賓空間にふさわしい素材を厳選。

  • 天然石調素材を贅沢にあしらった意匠に宿る品格。風に揺れる緑が演出するやさしさ。エントランスには、心地よい緊張感とぬくもりを両立する佇まいを目指しました。陽が沈む頃にはあたたかい光が灯り、住む方を扉の先に待つ別世界へと誘います。

外観完成予想CG
エントランス完成予想CG
  • ENTRANCE

  • 一歩一歩、緑の風景が広がっていく帰り道。

  • エントランスから一歩足を踏み入れると、そこには緑のやすらぎを感じる洗練された空間が待っています。 住まいへと歩みを進めるほどに、ゆっくりと弧を描き高くなる天井。 開かれていく視界。広がっていく窓の向こうの四季の景。 刻々と移ろう光と緑が織りなす風景を毎日の暮らしのなかで感じられる空間に仕立てています。

  • ENTRANCE HALL

  • 上質感とぬくもり。
    ここは気持ちをオフにする迎賓空間。

  • あたたかみのある左官仕上げの壁には、鏡面素材をデザインしました。風に揺れる樹々が映り込み、光を反射し、窓の外の清々しさを採り込みます。 さらに、住民同士の交流を育んだり、来訪者と会う場所として、あるいは待ち合わせスペースとして活用できる木製のベンチもご用意しています。

エントランスホール完成予想CG

デザインテーマは、かつての街並みの継承。
商業・公益棟もこだわりの外観デザイン。

「小田急相模原」駅前の中心となる交差点に佇み、道行く人の目を惹く地上4階建ての商業・公益棟。
その外観に求めたのは、ワークショップで導かれた「親近感のあるデザイン」。
さらに、計画地のかつての街並みからインスピレーションを受けて描かれました。

「商業・公益棟」外観完成予想CG

新進気鋭の
成瀬・猪熊建築設計事務所。

商業・公益棟外観ファサード、市民交流スペース、そして「リビオタワー小田急相模原レジデンス」の共用空間をデザインしたのは、
これまでに数々の建築賞を受賞してきた成瀬友梨氏と猪熊純氏。
ふたりは、このプロジェクトにおいてワークショップのあり方から提案し、「公益施設の使い手の声」を建築デザインに反映していきます。

PROFILE

東京大学工学部建築学科を卒業し、さまざまな大学で講師や助教を務めてきた成瀬友梨氏と猪熊純氏。
建築だけでなく、プロダクト、ランドスケープ、まちづくりなど、さまざまなデザインを発信。日本建築学会作品選集 新人賞、ヴェネチア・ビエンナーレ 日本館 特別表彰、JID AWARD 2015 大賞など受賞歴多数。

NaruseInokuma's WORKS

■完成予想CGは、計画段階の図面を基に書き起こしたもので実際とは異なります。建物外観形状の細部、設備機器等は表現されておりません。行政指導や施工上の都合により、植栽の設置位置・樹高・本数等は変更される場合があります。また、敷地周辺の電柱・変圧器等は表現しておりません。商業・公益棟以外の建物は一部を省略して表現しています。

3LDK・75m²台・月々支払6万円台~(予定)

20193月末より入居開始!!(予定)

閉じる

TOPへ戻る